京都市東山区清水寺近くの鍼灸治療専門。肩凝り、腰痛、五十肩などはもちろん。ムチ打ちやゴルフ肘の治療も。女性・子どもも多く来院。

田島鍼灸院

患者さんの声

実は高熱は刺絡(瘀血を取り去る治療法)で熱を下げる事ができます



初雪が観測された京都市内⛄️。鍼灸院の界隈は雨でしたが、市内の北の方は雪が積もった所もあるようです😵。市内と言えど広い‼️

こういきなり寒くなると、風邪をひき高熱が出たと言う経験ってありますよね。

実は高熱は刺絡(瘀血を取り去る治療法)で熱を下げる事ができます‼️

手の親指の爪の生え際に「少商(しょうしょう)」とツボがあり、そのツボに刺絡をして少量の血液を取ることで、熱が嘘のように引くことがあります😵

これも古代から続く鍼灸マジックやね👍

血圧の急上昇を抑えるとされるツボを1つ「唎酒鍼灸師」がご紹介



今日は二十四節気のうちの一つ「大雪」。木枯らしが吹き、山岳だけでなく平地でも降雪がみられる頃とされています。京都市内もぼちぼち冬が本格化してくるのでしょうか⁉️

寒くなると特に高齢の方に気を付けて頂きたいのが「ヒートショック😵」。

暖かい部屋から寒い脱衣場やトイレに行くといきなり血圧が上昇して倒れてしまうこともあるそうです。。。ホンマに怖い💦

今日はそんな血圧の急上昇を抑えるとされるツボを1つ「唎酒鍼灸師」がご紹介👍。それは足の裏にある「湧泉(ゆうせん)」‼️

「湧泉」は血圧を下げる作用もあるとされ、また我々人間のパワーの源とされるツボと言われています😉

そんな「湧泉」を入浴の際に押して足の疲れもとり、血圧の管理になれば良いものですね😊


肩凝りに日々、臨床で使うツボを一挙公開



今日で11月も終わり。明日から気忙しい師走へと突入‼️カレンダーも残り一枚となりますね。

12月になると大掃除などで肩が凝るもの😥

また「肩凝り」と言う言葉は夏目漱石が作った造語だと言う話しは有名なエピソードです。

今日はそんな肩凝りに日々、臨床で使うツボを一挙公開😍

「肩井(けんせい)」、「肩中兪(けんちゅうゆ)」、「肩外兪(けんがいゆ)」、「附分(ふぶん)」、「膏盲(こうこう)」など如何でしょうかぁ😉

押しても揉んでもどうにもならない凝りは街の鍼の先生に相談して下さいね‼️

きっと楽にしてくれますよ🎶

鼻がつまる時にお役立ちのツボを紹介




明後日くらいから冷え込みが厳しくなるようです🍂

「鼻風邪」の方が続出😢。特にお年寄りは気温の変化についていけないのでしょう。

鼻風邪で鼻水が出る、鼻がつまる時にお役立ちのツボを紹介👍

鍼より温灸で温めるのがオススメ😉

今日の唎酒鍼灸師おすすめのツボは「大椎(だいつい)」と「迎香(げいこう)」でしょうかぁ‼️

唎酒鍼灸師である僕も鼻風邪の時は「大椎」にホカロンを貼ってる事があります。そうすると不思議と鼻が楽なんです😊

「大椎」は陽気が集まる大事なツボ‼️鼻水、鼻風邪、鼻炎には「大椎」と覚えていただくと嬉しいデス👍

乗り物酔いには「内関(ないかん)」がオススメ




今日はお知らせ〜📢

今週11月11日(土)から12月3日(日)まで鍼灸院の近くの世界遺産 清水寺では夜間ライトアップが行われます。

これに伴い近隣の道路が混雑します‼️ですから夕方から鍼灸院にお越しの方は時間に余裕をもってお越しください😉

渋滞、急な割り込みでイラッ💢ときたら「神門(しんもん)」が良いですよ‼️

乗り物酔いには「内関(ないかん)」がオススメ‼️

ちなみに京都市内の紅葉の見頃は今月下旬かなぁ🍁。参考までに。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 |

ページトップに戻る

ご予約・お問い合わせ 075-561-8669(予約優先制)