京都市東山区清水寺近くの鍼灸治療専門。肩凝り、腰痛、五十肩などはもちろん。ムチ打ちやゴルフ肘の治療も。女性・子どもも多く来院。

田島鍼灸院

患者さんの声

11月に「逆子を返して欲しいが、鍼は怖いので、お灸だでなんとか。。。」と言うママさんが来院



僕が「鍼もした方が良い・・・。」と説得しても昔に受けた鍼が痛かったらしく、それがトラウマとなったようでその日は灸だけの治療としました。

そしてそんなママさんが今日久しぶりに来院。話しを聞くとまだ逆子は返っておらず、困った不動の定位置だった為に「鍼もしてみよう!!」と覚悟を決めてとうとう鍼治療を受けてくれました(^^)。 ホッ(^^♪。

実際に鍼をしてみると気持ち良く、灸頭鍼、電気まで受けていってくれました!一体全体以前はどんな鍼を受けたのだろうか!?と今も「?????」が頭の中にたくさん飛んでます。

...

毛穴にいきなり入ったのか?鍼が太かったのか?よ〜分からん。。。

そんな鍼灸治療はその人それぞれに合った刺激を守れば大丈夫なもの!!

その辺の見極めも我々鍼灸師の腕の見せ所なんでしょうね(^_-)。

次の検診は来年のようなので、次の検診までに何とか返してあげよう!!

今日は「電話創業の日



電話と言えば女の人の長電話。コリなどを扱う僕としては長電話してて口は凝らないの?と女の人に聞くと「喋らないない方が口が凝るわよ!」と決まって言われます。。。女は不思議な生き物や!

そんな長話してや長電話も例えば脳梗塞などして麻痺なんかが残ってしまうと言葉が出にくかったり、呂律が回りにくいと言う事も出てきます!

そこで登場するのが「刺絡(しらく)」。刺絡を舌尖(舌の先)からして少量の血液を採る事で、喋りやすく、呂律が回りやすくなる事があります!

...

人の血液循環の不思議さと刺絡の絶大な効果には日々驚かされます(-_^)。鍼灸ってのも奥が深いなぁ〜。

街を歩いていて職業柄だなぁ〜。。。って思う事があります



それは、例えば赤ら顔で首が太く、後頭部が発赤してるおっちゃんを見ると「血圧高いやろな〜。。。」と思ったり、腰を歪めて歩いてる人を見ると「腰痛に悩まされてるんやろなぁ〜。。。」と思ったり、「膝の変形を見ると、杖持ったほうがえ〜のに!」と思ったりしてしまう!

こうして外でも勝手に「望聞問切(望診、聞診、問診、切診)」をしてる自分に鍼灸師なんだなぁ〜!と思ってしまってる僕(^^)。

...

勝手にしてるのは「望診(目で診てみる)」だけやけどね。

12/11は「胃腸の日」



胃腸のツボは沢山あるけど、代表的なのは「足三里」かなぁ(^^)。

鍼や灸をすれば食事も美味しく、はたまた胃腸の元気がなければこれは鍼や灸をすれば元気になる!!素晴らしいツボやね(^_-)-☆。

松尾芭蕉も旅の途中、足三里に灸を据えながら歩いて足の疲れを取ったと聞きますが、灸でご当地グルメも美味しく食べてたんやろな♪♬。

今日の京都市内。最高気温は11度



今日の京都市内。最高気温は11度で北西の風がピュ〜ピュ〜寒い(*_*;。

眩暈や耳鳴りをお持ちの方は外出時は「耳当て」をしてお出かけしてくださいね(^_-)-☆。耳って冷やすと眩暈、耳鳴りの原因になります!!


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 |

ページトップに戻る

ご予約・お問い合わせ 075-561-8669(予約優先制)