京都市東山区清水寺近くの鍼灸治療専門。肩凝り、腰痛、五十肩などはもちろん。ムチ打ちやゴルフ肘の治療も。女性・子どもも多く来院。

田島鍼灸院

患者さんの声

昨日の京都市内は39度を記録したそうです(*_*)



発熱と言うかうなされ、苦しむ温度でした!酷暑や...。

そんな中、昨日は「生涯研修」が行われました。帰り道にアイリッシュパブで飲んだビールが染みた〜🎶。ホンマ五臓六腑に染み渡る!!でした。

研修の会場では鍼灸師会の発行する新聞「はりきゅっていきましょう!」に面白い記事が載ってました。「スマホ首」。スマホの触り過ぎで首肩の痛み、手の痺れが出ると言うもの。現代病ですね(>_<)。

...

うちにも小学生が「肩が凝った!」などと言ってお母さんに連れられて来る事があります。お母さんはもちろん不思議そうで困った顔をしてはります。スマホの触り過ぎかな!?ニンテンドーDSのし過ぎ!?なんて鍼をしながら思う事があります。

そんなスマホ、肩首の痛み以外に「腱鞘炎」患うそうです!スマホの触り過ぎには注意しましょう!!腱鞘炎になるのは簡単。流石の鍼灸治療でもなかなか完治までには時間ががかかる厄介なやつですよ〜。最近どんなことがあった?

今月の黒板看板 お勧めのツボは「湧泉(ゆうせん)」



湧泉は生命エネルギーの源と言われてます!
夏バテ予防に湧泉を入浴時に押したり、温灸したりしてみて下さい^_^。

あぁ〜。やっぱり絵心がない~_~;。何度、書き直したか。。。しかしこれが精一杯!!今月も下手な絵ですんません。

ここ数日「脱水症状」、「夏バテ」の患者やさんが続出



ここ数日「脱水症状」、「夏バテ」の患者やさんが続出。こう暑いとそんな人も出てくるでしょう。。。

明日から8月。夏も本番。京都の今日の最高気温は37度らしい。。。僕が幼いころはこんな気温がなかったように思いますが。夏の京都は熱帯気候のようです。

そんな夏バテ解消に繋がるツボを紹介します!

...

そのツボは「湧泉(ゆうせん)」。何かパワーが湧いてそうな意味のツボですね!

「湧泉」は足の裏にあるツボです。足指を足底側に曲げると足の裏に「人」の字が現れ、その交点に窪みができます。この窪みが「湧泉」です。「湧」は湧くという意、「泉」はまさに泉で、このツボを刺激すると生命エネルギーがコンコンと湧くという意味で重要なツボの一つです。やっぱり湧いてましたね(^_-)-☆。

入浴時に「湧泉」を押したり、青竹踏みで刺激するのも大切かもしれませんね!

冷たいばかり摂るのではなく、夏こそ温かい物を食べ、水分補給、塩分補給、適度にエアコンを使い、「湧泉」を刺激して夏バテにならないようにしましょう(^^♪。

何年も前から元大学の教授先生ご夫妻を診てきてました



何年も前から元大学の教授先生ご夫妻を診てきてました。
実は先生の奥さんは数年前に肝がんを患われ、ステージ4でした。ですが、普段は病気だと思わないほどチャキチャキされ、よく話す奥さんで辛い顔一つされない方で、つい、最近まではご夫婦で国内旅行をされる程でした。

ところが今朝、9時半頃に先生から電話があり「家内が今週から意識がなくなった!在宅で緩和ケアをしてるから、なんとか鍼で奇跡を起こしてくれないかぁ?楽にしてやって欲しい!」とお願いされました。

...

先生の自宅に行くとあんな元気そうに振舞っておられた奥さんが本当に意識もなく、点滴をしているだけで、話す事もできない状態でした。 本当にショックで僕も始めは話す事もできませんでした。

死期が近づいた人には「七死脈」と言うものがあります。以下、紹介したいと思います。

1.雀啄脈(じゃくたくみゃく):雀が餌をついばむように、4〜5動って絶える脈。
2.屋漏脈(おくろうみゃく):雨だれが落ちて止まるような脈。
3.弾石脈(じんせきみゃく):石を弾くように感ずる堅い脈。
4.解索脈(かいさくみゃく):乱れた縄を解くように散らばる脈。
5.魚翔脈(ぎょしょうみゃく):皮膚に表れては消え、再び触れるまで時間を要する脈。
6.蝦遊脈(かゆうみゃく):脈の表れるのが遅く、消えるのが速い脈。
7.釜沸脈(ふふつみゃく):釜の湯が沸く騒がしい脈、出ることがあっても入らない脈。

この7つか死期が近い人の脈だと言われています。

ともかく先生が緩和ケアに鍼灸を選んでくれた事に感謝しなければなりません!先生ありがとうございます。何とか奥さんが楽に苦痛なく逝けるように鍼灸師としとできるだけの事をしていこうと思います。

また勉強させて頂き感謝しています!ありがとうございます。

先週は現役の騎手が来てくれました



先週は現役の騎手が来てくれました!彼はお父さんも弟さんも騎手とまさしく騎手のサラブレットと言っても良いのじゃないでしょう(^^)。

主訴は腰痛で来院当初は痛み止めを飲みながらの騎乗で気の毒でしたが、たまに鍼をするようになってからは腰痛の再発も起こりにくくなって何よりです。この週末は中京競馬場で無事、馬に乗れたと思います!!

騎手は一日に8頭くらいの馬に乗ってレースに出るようで、なかなかキツイ仕事です。

...

応援も兼ねて今度、彼の馬券を買わせてもらおうと思います。彼曰く「僕の馬券じゃ勝てないですよ!僕、弱いんで。。。」ですって(’;’)。腰の調子は全開にしてるんだからそんな事言うわんといて〜!!!彼を診てる以上、弱かろうが、強かろうが温かい目で応援しようと思います(^_-)-☆

写真が僕が鍼をしてる騎手本人です!!


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 |

ページトップに戻る

ご予約・お問い合わせ 075-561-8669(予約優先制)