京都市東山区清水寺近くの鍼灸治療専門。肩凝り、腰痛、五十肩などはもちろん。ムチ打ちやゴルフ肘の治療も。女性・子どもも多く来院。

田島鍼灸院

患者さんの声

灸頭鍼(きゅうとうしん)




月末はレセプトなどいろいろ追われます。レセプトも大切ですが、我々鍼灸師にとってなくてはならないものも残りわずかとなりました。大変だ!!!

これは灸頭鍼(きゅうとうしん)に使う「艾(もぐさ)」です。
艾の塊って見たことないでしょ!?
田島鍼灸院では、艾の産地の滋賀県は伊吹から取り寄せ、灸頭鍼用に加工しています。
灸頭鍼づくりは、艾を適度な大きさにまとめ、懐紙(かいし)に包んで完成!!
餃子や焼売を包むようにちょっとしたコツがあるんですよ〜。
3キロ分の艾を何千個と丸めます(*_*;。
これを鍼の頭に付けて燃やし、患部を温めるとメチャクチャ気持ち良いんですよ。
寝てしまう患者さんもおられます(^^)。

風邪の時はもちろん、慢性腰痛、坐骨神経痛からのシビレ、五十肩、慢性期の膝関節痛、こむら返りなど用途は多様!
こんな灸頭鍼。体験したい方は一度、田島鍼灸院に来院して下さいネ。
一つ一つ手作りだから真心、愛情もこもってます!!
変な邪気などは一切込めていません(^_-)-☆。安心して受けてくださいね!

二日酔いのツボ




11月もそろそろ終わりに近づいてきました。
大掃除に忘年会などなど、年末のイベントが盛りだくさん。
何かとせわしなくなりますね!

忘年会で「二日酔い」にやられた事はないですか?
僕はよくありました。。。
20代の時にベロベロに酔って帰宅したものの家のトイレの便器に顔を突っ込んで寝ていた!
なんてこともありました(*_*;。

今日は二日酔いに良いツボの紹介をします。
第7胸椎の横の「膈兪(かくゆ)」、その下の「肝兪(かんゆ)」。
お腹にある「期門(きもん)」などが肝機能を高めるツボで有効です。
二日酔いの頭痛には「百会(ひゃくえ)」がよ〜く効きますよ。

指の腹で痛気持ちいい力で押してみてください。
とは言え、くれぐれも飲み過ぎには気を付けましょう!!
一番痛いのは自分の耳かもしれませんが(*_*)。

イボと美容外科と鍼灸



先週、香道の先生をしている患者さんの治療をしていた時に、顔のイボが気になっていると聞き、お灸で取れますよ。と、話したところ、真剣に美容外科に行こうと考えておられたそうなので、お灸で取りました。

顔だし、お灸で取って跡は残らないの?と、嫁さんは心配していましたが、イボの上を焼くので、下の皮膚に影響はありません。
この患者さん、昨日は「まだ気になるイボあるから先生、これ焼いて!」と、昨日も2つほど灸で焼いてイボを取りました!

取ってからおっしゃった台詞がすごい。
「先生!お嫁に行かせてもらわなアカンわぁ〜」
ですって(^^)。
80歳になろうが、90歳になろうが女性ですね。
喜んでもらえてうれしいです。
もちろん、全身治療料金に含まれますので、追加費用もありません。

いつまでも元気で綺麗でお香の教室続けてくださいネ。素敵な出会いと恋があれば良いですね!と伝えたら本気で照れてはったところがキュートな方でした♪。

冷えとマッサージ



先ほど、嫁さんから電話。
(嫁さん)「スネがつってどうしようもないんだけど。」
(僕)「冷えたんやろ。妊婦さんはつりやすいし。せんねん灸しとき〜!」
こんなやり取りをして電話を切りました。
お灸したかな!?                                     

最近は冷え込みが厳しく、冷えたことで、こむら返りや腰痛、膝痛を起こす患者さんが増えました。
こむら返りは肝臓が弱っていてもなりますけどね。

以前も書きましたが、冷え対策には手首、足首、首、の三つの首を冷やさないことが大切です。
また、靴下やレッグウォーマーで足を冷やさないだけでなく、ちょっとした休憩の時に手で足をマッサージして温めることも効果的。足の指1本1本をほぐすだけで血流が全然違います。
これは赤ちゃんもそうで、赤ちゃんの足が冷えているな。と思ったら、靴下を履かせるよりもマッサージしてあげた方が、スキンシップにもなり、効果的ですよ。

果物や夏野菜、砂糖の摂取を控えると冷えが軽減します。そして、旬の野菜、特に根菜類は体を温めます。
冷えとさよならして元気に年末を乗り切りたいものですね!

さて、僕は飲み過ぎ注意だ(>_<)。今日は休肝日にして肝臓を労ります。

本日の患者さん




本日の患者さん。下は3歳(うちの娘)、上は90歳で歳の差87歳!!
すげ〜!!!!!
鍼灸の適応範囲って凄い(*^^)v。

田島鍼灸院
https://www.shinkyuin.com
〒650-0858
京都市東山区東大路五条上ル3丁目小島町581-6
(東山消防署南隣)
TEL:075-561-8669

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 |

ページトップに戻る

ご予約・お問い合わせ 075-561-8669(予約優先制)